It's brand new day

『It's brand new day』は中森明菜の40枚目のシングルだ。

この曲は大手レコード会社と契約が切れ、インディーズからリリースした。

 

僕は最初、この曲があまり好きではなかった。

なんかこうノペーっとした感じで、起承転結が見えない感じがあったからだ。

 

だが最近になって『中森明菜 フランス旅行』という番組を見てからこの曲に対する印象が変わった。この曲が好きになった。

 

 

この番組で食事をしている時に男性芸能人が明菜に、

『歌を休んでた時期とかあったでしょ?それはなぜ?』と問うた時、明菜は

『休んでたんじゃなくて、騙されて借金がかさんで仕事ができなくなってたの』と答えた。

 

おいおいそんなの週刊誌とかに書かれてるんだろうよ、わざわざ本人に聞くなよ.....なんで聞くんだよ.....と思ったが、この時代の番組はこれが普通だったのだろうと強引に納得。(ズケズケと聞きやがって、コンチクショウ。)

 

 

そして同番組の『なぜインディーズで曲を出そうと思ったのか?』というインタビューで明菜はこう答えている。

 

『道は塞がれても足踏みはできるじゃないですか。ただ道が無いだけで。もうこれ以上(ファンを待たしたくない。道があったからそこに進んだだけなんです。どんな手を使っても、みんなに届いてくれればいいんです。だってみんなのために歌ってるんだもん。みんなが喜んでくれる状況にさえなればいいの』

 

 

あぁ、中森明菜だ。そうだった、中森明菜ってこうだよな。

僕はこのインタビューを見て、泣いた。

 

このインタビューの答えが、中森明菜の生き方そのものだと思った。僕は中森明菜のこういう姿勢が大好きだ。

 

 

80年代の彼女は確かに、輝いていた。歌謡界に君臨する女帝だった。

 

しかし89年に芸能活動を休止し、『Dear Friend』をリリースして復帰してからも、彼女にはたくさんの困難が降りかかった。

 

それでも中森明菜は、苦しいことがあればあるほど、みんな(=ファン)に歌を届けるために常に前を向いた。

 

明菜は応援しているファンのことを考え、ファンは明菜のことを考える。そんな関係が、僕は大好きだ。『中森明菜のファンは怖い、洗脳の域に達してる』という声を時々聞く。まぁ分からなくもないけど、いいんじゃないかな、別に。もともと『ファン(=fan)』は"fanatic"の略、『狂信者』って意味なんだよ、知ってた?まぁいいか。

 

 

論点がずれにずれまくってるけど、とりあえず、中森明菜、大好き。バンザイ。

 

 

 

 

現代のアイドル批判を思う。

僕は中森明菜が好きだ。

 

1982年にデビューし、『花の82年組』などと呼ばれている彼女。

 

松田聖子とともに、80年代のファッション、音楽界を牽引していた。

 

 

確かに中森明菜松田聖子をはじめ、昭和のアイドルは凄かった。

 

何が?と問われれば『これ!』と言うものを言い切ることはできない。だが、彼女達は輝いていた。みんなの注目の的、憧れの存在だっと思う。

 

 

今のアイドル界はジャニーズやAKB48グループをはじめとするアイドルグループが牽引している。

 

ソロでデビューするアイドルは減ってしまった、と言うよりはソロでデビューしても世間から注目されづらくなってしまった。

 

そしてここで『昔は明菜や聖子みたいにソロでデビューして歌も上手くてキラキラしてたのに、今のアイドルはグループで群れれば売れると思ってるんでしょ?歌も下手だし。あぁ、昭和は良かった。』などという決まり文句が飛び交う。

 

 

そもそも『アイドル』とは、

『偶像。崇拝される人や物。あこがれの的。熱狂的なファンをもつ人。』(コトバンクより出典)

なのである。

 

憧れの対象や崇拝される対象は時代によって変化して当たり前なのではないか?

 

さらにアイドルになる人の考え方も、今と昔とでは違うのではないだろうか。

 

昔は『活動して来た結果がアイドル』なのであって、今は『活動する目的がアイドル』なのである。

 

噛み砕いて説明すると、昔は『活動して行ったらアイドルとして認知されて行った』のに対し、今は『アイドルの型にはまるように活動している』のである。

つまり、アイドルになるためにアイドルをやっているのだ。

 

そして今は明菜のような大人びたアイドルではなく、幼いアイドルが流行る。

歌を歌いたい人でも、歌が上手い人でも誰か構わず幼いアイドルにならざるを得ない。

 

あと、『今のアイドル歌下手だし』という人。上手い人もいっぱいいたけど、昭和のアイドルにも歌下手な人もいっぱいいたでしょう。

 

そして歌の上手いアイドルなんてわんさかいますぜ、今の時代も。見てないだけで。

 

 

もうここまで書いておいてなんだけど、何書きたかったのかわからなくなっちゃった。笑

 

 

とりあえず言いたいのは、今のアイドルもいいよ、捨てたもんじゃないよ、ってこと。